りんごとハチミツの里 信州中川村 望岳荘 観光

     
信州 伊那谷 中川村  公共の宿 望岳荘 望岳荘 トップページ
望岳荘 観光
 

           

                  
人里からもよく目立つ山頂の展望は目を見張る見事なもので、戦国時代は武田勢ののろし台もあったとの説もあるほど。
標高1,445mの山頂からは、東に南アルプス・西に中央アルプスの大パノラマが広がり・天気が良く空気が澄んでいると北アルプスまでを望むことが出き、眼下には伊那谷と南北に流れる天竜川を一望できる、伊那谷随一の景観。
南アルプスを望む小渋峡は、紅葉とアルプス、それを映しだすダム湖の景観が素晴らしく、ドライブコースとして人気があります。
ダム湖の水もエメラルドグリーンの綺麗な色をしています。


城址は南北朝時代、南朝方の宗良親王を守護した香坂氏代々の居城であったと伝えられ、村の中心部に整備されている公園内は「エドヒガンザクラ」「ソメイヨシノ」「シダレザクラ」など約500本の桜が咲き誇る「桜の公園」。 残雪の中央アルプスと桜のコントラストは一見の価値があります。


中央アルプスは四季折々その表情をかえ訪れる者を楽しませてくれます。
以前は一部の登山家しか見る事の出来なかった大自然をロープウェイ利用で気軽に体験できます。
普段味わう事のできない大自然を直接体で感じ、心身ともにリフレッシュしてみては。

カールとは氷河期にえぐり取られたお椀型の地形。 「千畳敷カール」は高山植物の宝庫で、四季折々に変化する美しく雄大な景色を求め、全国から多くの登山者や観光客が訪れます。
カール内の遊歩道は周遊約40分。

日本桜名所100選にも選ばれ県の天然記念物の指定を受けている、高遠城趾公園のタカトオコヒガンザクラは桜の色の美しさなどから「天下第一の桜」と称されています。
時季には1,500本の桜が満開に咲きそろい見事な桜の森をつくり出しています。
飯田の弁天港から、時又港を経由し天竜峡まで下る約60分の舟の旅は四季折々に変化する峡谷美と降りかかる水しぶきと手こぎ舟の情緒や舟下りの醍醐味を味わうことが出来ます。
蛇行する川筋や迫る崖、白く渦巻く水の流れに急流天竜川のスリルと魅力が満載!
赤そば「高嶺ルビー」は、時季になると畑を赤いそばの花が一面ピンク色に染めあげます。
立ったままいちご狩りを楽しむことができる立体構造の水耕栽培。 甘みが強い「章姫」のもぎたてを味わえます。
上伊那の最南端、中京圏に最も近い「西原ぶどう園」はまわりの風景が目も楽しませてくれるます。
 
 
りんごとハチミツの里 信州ふるさとの宿 望岳荘